ブログ

噂話と批判について

2022.08.24

噂話と批判について
8月22日(月)
高島 大さんのFacebookより~

最近
ぼんやり考えていたことが
言語化されていたので。

最後
少々やんちゃな表現😓だけど
だからこそ伝わってくる😌



 「人と出会い、真摯に向き合い
  もっと人間を知りなさい、
  いかに自分は無知であるかを知れるから。
 色のついたレンズで他人をのぞき
 狭く偏った価値観で他人をジャッジし
 決めつけた思い込みで他人の噂話や批判をし
 たかだか数十年しか生きてない浅い知識と経験で
 他人の人生を推し量り
 自分では正しいと信じて疑わない
 その傲慢な正しさで
 他人を斬りつけては悦に酔いしれ
 自身の満たされない
 何かを埋めようとしてたかを知れる。
⁡
 そして同時に、いかに人は
 それぞれの境遇や状況や心情を抱えながら
 涙をぬぐい懸命に前を向こうと最善を尽くし生きている
 未熟な愛おしい生き物なのかも知れるから。
⁡
 そしたらな
 もっともっと自分にも他人にも
 本当の意味で優しく愛しくなれる。
⁡
 それができんわからんなら
 他人の人生に口を閉じとけ。」

 


 本当にそう思う。
 私もまだまだ
 未知の世界がまだまだあるけど
 だけど
 自分の枠を大きく超えて
 様々な人にであったとき
 いかに自分は無知であるかを知った。

 単なる噂話や
 その人がいないところでの批判を聴くのは
 その人の傲慢な正しさで
 他人を斬りつけては悦に酔いしれ 
 自身の満たされない
 何かを埋めようとしている姿でしかないような
 気がして、
 
 勘弁してほしい。 
  
(相談員:瀧口)



**********************
8月22日高島大さんのFacebookから引用
離婚=不幸
と思い込んでるからそう思うんやろ?
俺は自分が伝えてることに一貫して生きとるけどな。

すぐそばの幸せを伝え始めてこの10年
離婚は不幸だからしたらあかん
なんて一度も言ったことはない。
離婚しない為の講演
なんてのも一度も開いたことない。

「すぐそばを幸せにする」
「大切な人と幸せな関係を築く」
「幸せとは形ではなく感情」
これがこの10年伝え続けてきたこと。

何を聴いてたん?
見たいモノだけ見
信じたいように信じ
自分に都合の良いとこだけ聴いてたんか?

人生はほんま色んなことが起きる

いつかネットやテレビで見かけたような
まるで自分には関係のない遠い出来事が
ある日突然自分の身に起きることが。

状況も環境も変わることあれば
気持ちや心情だって
変わっていくのが人生であり人間
大切な人を変わらず大切にする、なら

形も、距離感も、関係性も
自然と変わっていくのは自然なこと。

一つと決めた形の中に収まり続け
何が起きてもその形を維持し続けていくことの方が
俺にはよっぽど不自然なことのように感じるけどな。

色んな選択肢
色んな関係性
色んな形があっていいと思う。

形と常識に囚われ過ぎると
幸せの本質を見失しなうからね。

大体俺のこと何やと思っとるん?笑
俺は完璧な人間じゃないっていつも言うとるやろ
未熟で、愚かで、
寝言で「おっぱい」とつぶやくほどエロく
自分の傷も自分独りでは完全に癒しきれない不完全な人間で
死ぬまで成長過程の人間よ

どれだけ学び努力してても
間違うこともうまくいかないことも
自分にはどうしようもないことだっていっぱいあるし

例え愛する家族や大切な人でも
決して他人を自分の思い通りに変えたり
コントロールするなんてできるわけでもない
そんな力ないわ。

何が起きても真摯に受け止め
自身の学びと成長の糧に変え
また自分にできることだけに集中する。

大切な人を大切に想えば思うほど
日々自分自身と向き合い
日々自分にできることをする
ただ、それだけよ。

離婚=不幸せ。悪いこと。
だとしたら
ずいぶん狭く偏った古い価値観やな
そのモノサシで勝手に他人を不幸と決めつけ
勝手に子どもたちをかわいそうな子にして
憐れんで見てるとしたら
ずいぶん差別と偏見に満ち溢れとるんやな

狭い偏った価値観は
いつか自分自身の首をも絞め、
生き辛くさせるで。

もっと泥と涙をすすり
人生経験を積みなさい
人と出会い、真摯に向き合い
もっと人間を知りなさい
いかに自分は無知であるかを知れるから。

色のついたレンズで他人をのぞき
狭く偏った価値観で他人をジャッジし
決めつけた思い込みで他人の噂話や批判をし
たかだか数十年しか生きてない浅い知識と経験で
他人の人生を推し量り
自分では正しいと信じて疑わない
その傲慢な正しさで他人を斬りつけては悦に酔いしれ
自身の満たされない何かを埋めようとしてたかを知れる。

そして同時に、いかに人は
それぞれの境遇や状況や心情を抱えながら
涙をぬぐい懸命に前を向こうと最善を尽くし生きている
未熟な愛おしい生き物なのかも知れるから。

そしたらな
もっともっと自分にも他人にも
本当の意味で優しく愛しくなれる。

それができんわからんなら
他人の人生に口を閉じとけ。
https://www.facebook.com/photo?fbid=4942892649149244&set=a.103944816377409
高島 大

講師・作家
半径5メートルのすぐそばの幸せをテーマに
恋人、夫婦、親子、自分との幸せな関係について。
恋愛、結婚、子育てなど
日常を温かく綴る著書は海外でも翻訳化。
代表作すぐそばも幸せにできないで。
講演情報はHP↓
高島大オフィシャルサイト
 en8.jp