ブログ

愛の選択か、恐れの選択か。

2022.05.25

愛の選択か、恐れの選択か。
人生は、選択の連続です。

朝、起きた時から
夜、眠るまで、
人は何千もの
あるいは何万もの選択をしていると
言われています。

朝起きて
まず、何をしようか。
トイレに行った後、
お花に水をあげようか、
それとも先に、ポットでお湯を沸かそうか
お弁当のおかずは何にしようか
今朝は元気だから手作りにしようか
でも、面倒だからレンチンにしようか…
買い物先では
レタスを食べたいけど
キャベツの方が安いからキャベツにしようか…
など、
どのような場面においても
自分に問いかけをして、
選択することを繰り返しています。

「愛の選択」と「恐れの選択」を
ご存じでしょうか。
「愛の選択」は、自分の心が無理なく「やりたい!」と
思う方を選択すること

「恐れの選択」というのは、
本当は自分はやりたくない
あるいは
これを選んでも心が弾まない
嬉しい・楽しい気持ちにならないのだけれど、  
「やらねばならない」  
「こうしなければならない」  
「これを選ばないと叱られる」  
から選択することです。 

「自分は本当はこうしたいのに、
相手に悪いから…」とか
「こっちを選んだら
あの人にどう思われるだろうか…」
などを考えながら決めてしまう、
貴女にもそんな経験はありませんか。

この「恐れの選択を」は
自分自身の気持ちに無理をさせてしまうことになっているため
自分が納得いく結果を得ることが
できない場合が多いです。
「やっぱりやめといたらよかった」
「やっぱり楽しくなかった」
「やっぱり、嫌な想いが残った」
「それではなく、こっちを選んでおいたらよかった」
そんな後味が残ります。

自分に優しい「愛の選択」
してみませんか。


(相談員:瀧口)