ブログ

自分の心の中の、平和

2022.08.06

自分の心の中の、平和
誰かの何かに心が揺さぶられても

自分の肚のなかに
「平和」を創ることができ
自分のなかに
「平和」があると知り
「この感覚が平和だ」と
実感し
感じ取ることができると
人は強くなれるんじゃないかな。。。


私が思う、そして望む強さとは
繊細でもあり
しなやかさでもあり
謙虚さでもあり、
器が大きいというのか
度量が大きいというのか。


決して外圧を
力や言葉で跳ね返すという
ものではなく。


相手が私に向けるその言葉に
愛を感じるのか
相手のエゴを感じるのか

その感じ方は
自分自身(私)の捉えであって
時には
ひねくれた感情に変換されているかも
知れないけれど。

ひねくれた感情に変換してしまう
自分に気づくことができたら
また、
新しい世界が拡がる。


「愛」の場合は
「愛」を感じたら
遠慮なく
そしてありがたく受け止めよう。
受け止めた「愛」は
また、だれかの何かに
「愛」で受け継がれていくもの。

そして
また
平和が訪れる。


センターから見える
夏空を見て、
そう
ふと思った。

あれ、
いつのまにか
重い雲で覆われだしてきている。
先ほどの夏空は
どこに行ったのか。


全く個人的な備忘録の
共有。

人生のさざ波に揉まれながら
石ころがまあるくなるように
大樹の幹をくりぬいて作られていく
器のように
容量ははだんだん大きくなっていく。
もう
すっかりいい歳だけど
そんな風に
年を重ねていきたいな。。


これを描いている間に
雲行きが怪しくなり
また
豪雨予報が。

どうか
穏やかに過ぎ去りますように。

(相談員:瀧口)