ブログ

開くと、拓(ひら)く

2022.03.09

開くと、拓(ひら)く
相談員をさせていただいてる私も
傷ついたり、へっこんだり
浮いたり沈んだりの
味わい深い人生を送ってきました。

若いころの私は
何ごともなく
ココロ穏やかに平穏な暮らしを送ることが
なによりも大事だという
価値観のもとに生きていましたので
当然ふりかかってくる
様々な挫折や失敗は「恥だ」と
考えており
失敗しないように
人からあれこれ言われないように
してきました。
今から思うと、そんなんありえへんやーんって
思うけど😂

「いい子でいないとだめだ」という
育ちのなかで培われたこの価値観は
本来、自由奔放であろう
私をとても苦しめていました。
実際、全然いい子ではなかったし😂😂😂

子育てや夫との関係
仕事や職場生活を通し
生きづらさを抱えていたのも
正直なところです。

そんな私が
そんな自分に違和感を感じたのが
30歳半ば?だったかな。

それから10年以上
仕事・家庭・子育てを通じ
様々な人と出逢うなか、

優しく導いてくださったり
見習わせていただきたいと思える
素敵な人たちに出会い、
仲間と過ごしていくなかで、
いい子でいないといけないと
固くと閉ざした心が
だんだん開けるようになりました。

おバカな私
ありのままの私でもいい
1人で頑張らなくてもいい
そう思えて

そして、
世界はあたたかいということ
自分がどんな思いで世界を見ているのかで
生きる世界の景色が変わることを
実感するようになりました。

私をよく知るひとは
「そんなに変わってないやん、」
っていうから😂
きっと自分の心の持ちようが
変わっただけなのかもしれないけれど
でも、
今、楽に生きられているから
これでいいのかなーって
思っています😌

でも
とはいえ
やっぱり
次から次へと
お題はやってきます😅

あぁ、また…😞😞😞って
凹むこともあるけど、

でも、
それは自分が成長できる機会として
ありがた~く受け止めさせてもらっています😊

こんな50半ばの私が言えるのは
ココロを開くと、必ず拓けるということ。
ココロの目を
自分の心の声を聞く耳を
開ければ
道は必ず拓けます。

最初のうちは
ココロを開くことがすっごく怖いけど
だんだん、慣れる(笑)

いきなり
日常生活で開くのはとっても勇気がいるし
怖いけど
つなサポ相談室(電話・対面)でしたら
あなたの心を開くお手伝いを
させていただけるのではないかと
思っています。


「え?あたちも開いてますけど、何か?」